AI Botメッセンジャー「Luka」のUIが面白い

Lukaとは

AI Botメッセンジャー「Luka」は、当初お薦めレストランを紹介するチャットアプリとして登場したが、対応できる領域をどんどん拡張してきている。
Botに天気を聞いたり、Wikiに質問したりできるようになっており、パーソナルアシスタントの地位を狙っているのがうかがえる。

Luka – App Store

今年はAI Botが来ると言われながらも毎日使われるようなBotが登場してきていない。
その理由の一つは、現在のチャットUIでは、アプリやウェブ以上のユーザ体験を提供できていないことがあるのではないかと言われている。
Lukaは、この問題に真正面から取り組み、一つの解を提供している。
今回は、Lukaの素晴らしいUIをいくつか紹介したいと思う。

ユーザに極力入力をさせない

モバイル端末でテキストを入力するのは、やはり億劫だ。
チャットを使って買い物ができれば便利だろうが、やりとり全てを小さなキーボードを使って打ち込むのは心が折れる。

Lukaでは、基本的にユーザはテキスト入力せずにチャットで会話ができるようにしている。

IMG_0902

上記イメージは、レストランを選択した後のUIである。
画面下部にメニューとして、「利用可能な場所だけ紹介して」「テーブルに空きはあるか?」「料理のアドバイスは?」「ちょっと遠すぎるね」「あまりよくないね」などといったユーザが言いたいであろう文を用意してあげている。
これにより、ユーザはわざわざテキストを入力しなくても下のメニューをタップしていくことで、Botと会話を続けていける。
尚、メニューが多いときは、メニューの部分をスライドさせることで次のメニュー一覧が表示される。

FBメッセンジャーも同様にボタンというUIがあるのだが、現状は3つまでしか表示できない為、それ以上の選択肢がある場合は他の方法を考えなければいけない。

カルーセルUI

FBメッセンジャーでもできるカルーセルUI。

IMG_0901

Lukaの場合、レストランを選択すると、背景の地図と連動するのでレストランを検討するのに使いやすい。

IMG_0905

入力部のUIが変わる

画面下部のユーザが入力するであろう選択肢は、入力させたい内容により変更できる。
例えば、レストランの予約日時を入れてもらいたい場合は、それ用の入力部品を配置している。こうすることで、わざわざユーザに日時をタイプさせる手間を省いている。Webフォームであれば当たり前のことだが、現状のメッセンジャープラットフォームではできていない。

IMG_0903

また、興味のあるニュースを選択する部分は画像のカルーセル表示にしている。

IMG_0904

チャットUIでニュースを読む場合

チャットUIでニュースを読む場合、長くなると読みにくいし、読む気が無くなる。
Lukaでは、ニュースを読みやすい長さに区切って表示している。その先を読みたいのであれば、ボタンをタップせるようにしている。
Webでよくある「続きを読む」と同じだが、Lukaの場合、ニュースの内容に沿って、ボタンの文字を変えている。
例えば、以下のTwitterのニュースではボタンが「How!?」となっており、タップすることで、会話の流れで続きの文章が読めるようになっている。

IMG_0906
IMG_0908

今の所、続きを読むボタンは、1つだけのようだが、選択肢にして興味のある内容を深堀させて読んでいけるようにしても面白いかもしれない。

まとめ

最初にも書いたが、まだまだ現状のメッセンジャープラットフォームでは、チャットに最適化されたUIを提供することができない。
各プラットフォーム、UIの改善は続けているようであり、今後、チャットに最適化されたUIのBotが登場することで、日常で使われるようなチャットボットが登場することを期待したい。